« 1/31(水)『第153回中原区役所コンサート』開催 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »

2018年1月23日 (火)

2/2(金)~7(水)『2018年第8回 中原空襲展』開催

ぷりんせすのレポートです。

N180123a 72年前(1945年)の4月15日の夜、B29が200機川崎に飛んで来てたくさんの焼夷弾を落とし、川崎駅周辺は焼け野原となり、中原の地域でもたくさんの家が被害にあい、犠牲者が出た川崎大空襲をご存じでしょうか。実際に空襲体験の聞き取りを基に作った被災地図を展示し、区内各地の空襲の様子を知る事ができる『中原空襲展』が今回8回目を迎え開催されますの。
まだ世界では色々な場所で戦争が起き、犠牲者が後を絶ちません。これからの未来を生きる子ども達に平和の大切さを知ってもらうためにもぜひご家族で
見に行っていただきたいと思いますわ。

【『~川崎 中原の空襲 ここで何があったのか~2018年第8回 中原空襲展』開催概要】
期間:2018年2月2日(金)~7(水)
時間:10:00~18:00※最終日17:00まで
会場:中原市民館1階市民ギャラリー
神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1100番地12
パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1・2階
(交通)
JR、東急線「武蔵小杉駅」下車徒歩4分

入場無料

展示内容:
◎空襲とはどんなこと?焼夷弾とはどんなもの?
◎中原地域の被災のようすを、地図で見ましょう
◎なぜ中原が空襲されたのでしょうか?軍需工場がいくつもありました。
◎戦争中の人々のくらしや子どもたちの生活は?
◎学童集団疎開を体験して。
◎空襲は日本中にありました 空襲になるまでの日本のあゆみは?
◎空襲体験を学校にも伝えに行っています
◎戦争の時代と空襲を描いた絵画を展示します。
☆開催期間中、「中原今昔かみしばい」(映像・音楽と語りで中原の空襲を伝える)や小会の活動記録の上映もおこないます。

「川崎中原の空襲・戦災を記録する会」とは・・・

2009年5月、中原市民館市民自主企画事業として発足。8月頃から、中原区内各町会や商店街、地域のみなさんの紹介で、100人以上の体験者から聞き取りをおこないました。
2012年11月、体験者のお話や独自の調査の結果をまとめ、冊子「川崎中原の空襲の記録」を発行しました。
2011年から毎年春先に「中原区空襲展」を開催。
2013年から毎年夏に「親子で知ろう中原の空襲」を開催。

主催:川崎中原の空襲・戦災を記録する会(代表 中島邦雄氏)
後援:川崎市、川崎市教育委員会
問合せ:川崎中原の空襲・戦災を記録する会(TEL:080-1324-0141)

|

« 1/31(水)『第153回中原区役所コンサート』開催 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/66284845

この記事へのトラックバック一覧です: 2/2(金)~7(水)『2018年第8回 中原空襲展』開催:

« 1/31(水)『第153回中原区役所コンサート』開催 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »