« 『第20回川崎大師 風鈴市』開催 | トップページ | 2015年夏の花火大会情報 »

2015年7月16日 (木)

平成27年度第4回、5回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催

デビルンのレポートです。

N150718a 多摩川河口干潟の自然に触れて、川崎の自然を再発見し、環境について理解を深めてもらうイベン『多摩川河口干潟の生きもの観察会』第4回、5回が夏休み期間に開催されるよ。
多摩川河口の干潟にくらしている色々な生き物を、専門家の話を聞きながら、実際にじっくりカニや貝などを観察するイベントなんで、夏休みの自由研究なんかにも参考になるかもな。
更に5回目はその見つけた生きもののスケッチをするそうだよ。講師はかわさき宙(そら)と緑の科学館学芸員だから、しっかり教えてもらえそうだね。
ぜひ申込みしてジモトの生き物たちを見てきてくれよな。

【平成27年度第4回、5回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催概要】
日時:
第4回平成27年7月31日(金)9:30~12:30
第5回平成27年8月13日(木)9:30~12:30
※荒天中止
実施場所:川崎市環境総合研究所1階大会議室及び多摩川河口
川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
(交通)
電車→京浜急行大師線「小島新田駅」下車徒歩約15分
バス→
JR川崎駅東口バスターミナルから
臨港バス川02殿町・浮島橋行き「殿町」下車徒歩約3分
臨港バス川03浮島バスターミナル行き「キングスカイフロント入口」下車徒歩約4分
京浜急行大師線産業道路駅から
臨港バス産01浮島バスターミナル行き「殿町」下車徒歩約3分
※このバスは本数が少なく、「快速」については殿町のバス停には停車しません。臨港バスのホームページ等で時刻表を必ず確認してください。

参加費用:無料

プログラム:環境総合研究所の前に広がる多摩川河口の干潟にはいろいろな生きものがくらしています。実際に干潟にでて、専門家の話を聞きながらじっくりカニや貝などの生きものを観察します
●第4回 7月31日(金)
時間:9:30~12:30
対象:小学生以上※大人の方もぜひご参加ください
定員:40名
●第5回 8月13日(木)
第5回は見つけた生きもののスケッチも行います。
スケッチ講師紹介:川島逸郎氏
かわさき宙(そら)と緑の科学館学芸員で昆虫・生物画家として活躍されています。著書に「ネイチャーガイド 日本のトンボ」などのほか、挿絵に「わたしの昆虫記シリーズ」など、細密なイラストが掲載されています。
時間:9:30~12:30
対象:小学生以上※大人の方もぜひご参加ください
定員:40名
※中学生以下の方は、大人の方(18歳以上)と一緒に御参加ください。

服装:よごれてもいい服、靴でおこしください。
申込み:はがき、FAX又はEメールで
「第4回又は第5回干潟観察会参加希望」、住所、参加者氏名、学年、電話番号、FAX番号又はメールアドレス、保護者の氏名
を記入して送付。
宛先:〒210‑0821  川崎市川崎区殿町3‑25‑13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階 川崎市環境総合研究所 宛
FAX:044‑288‑3156
メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp
チラシ&申込書→http://www.city.kawasaki.jp/300/cmsfiles/contents/0000068/68440/4_5_higata.pdf
締切:
第4回→平成27年7月17日(金)(必着)
第5回→平成27年7月30日(木)(必着)

※応募者多数の場合は抽選とします。
※申込み締切り日以降に抽選結果と詳細のご案内を郵送またはメールでお知らせします。
※必ず参加者全員の氏名を記入してください。
※期限後も定員になるまで、申込みを受け付けますので、是非お問い合わせください。
※小学生未満のお子さんの参加についてはお問い合わせください。
※当日は主催者側で写真を撮影し、広報等に使用することがあります。あらかじめご了承ください。

問合せ:川崎市環境総合研究所事業推進課(電話:044‑276‑9001)

|

« 『第20回川崎大師 風鈴市』開催 | トップページ | 2015年夏の花火大会情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/61850972

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度第4回、5回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催:

« 『第20回川崎大師 風鈴市』開催 | トップページ | 2015年夏の花火大会情報 »