« 川崎市制90周年記念『中原区の「木」を募集します』 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »

2014年8月11日 (月)

平成26年度第5回、第6回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催

セバスチャンのレポートです。

140811a 川崎市制90周年記念イベント「身近な自然を再発見するエコツアー」のひとつとして行われています、ジモト川崎市にある川崎市環境総合研究所で、多摩川河口干潟の自然に触れて、川崎の自然を再発見し、環境について理解を深めてもらうイベント『多摩川河口干潟の生きもの観察会』の第5回目と6回目が開催されますですよ。ハイ。
5回目は小学生以上(大人の方も参加できます)、6回目は18歳以上が対象となっています。
6回目をもちまして、今年度最後の開催となるようです。ジモトで身近な生きものと触れ合う貴重な機会でございます。ぜひこの機会を逃さず、参加申込みしてみてください。

【平成26年度第5回、第6回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催概要】

当観察会は川崎市制90周年記念イベント「身近な自然を再発見するエコツアー」のひとつです
日時:平成26年9月7日(日)9:30~12:30、平成26年9月10日(水)10:00~14:30
実施場所:川崎市環境総合研究所1階セミナー室及び付近の多摩川河口干潟
川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)
(交通)
電車→京浜急行大師線「小島新田駅」下車徒歩約15分
バス→
JR川崎駅東口バスターミナルから
臨港バス川02殿町・浮島橋行き「殿町」下車徒歩約3分
臨港バス川03浮島バスターミナル行き「キングスカイフロント入口」下車徒歩約4分
京浜急行大師線産業道路駅から
臨港バス産01浮島バスターミナル行き「殿町」下車徒歩約3分
※このバスは本数が少なく、「快速」については殿町のバス停には停車しません。臨港バスのホームページ等で時刻表を必ず確認してください。

参加費用:無料

プログラム:
●第5回 9月7日(日)
テーマ:干潟の生きものぜんみっけ!
内容:干潟に住むカニや貝などだけでなく、干潟周辺にいる虫や鳥、植物などたくさんの種類の生きものを見つけよう。
時間:9:30~12:30
対象:小学生以上(大人の方も参加できます)
定員:40名
※中学生以下の方は、大人の方(18歳以上)と一緒に御参加ください。
●第6回 9月10日(水)
テーマ:夏の終わりの干潟の生きもの調査
内容:専門家の話を聞きながら、干潟におりてそこに住むカニや貝を観察します。また、貝の浄化実験も行います。
時間:10:00~14:30
対象:18歳以上
定員:20名

服装:よごれてもいい服、靴でおこしください。
申込み:はがき、FAX又はEメールで
「第5回又は第6回干潟観察会参加希望」、住所、氏名、電話番号、FAX番号又はメールアドレスを記入して送付。
※第5回については上記事項に加えて、学校名、学年、保護者の氏名を記入すること
宛先:〒210‑0821  川崎市川崎区殿町3‑25‑13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階 川崎市環境総合研究所 宛
FAX:044‑288‑3156
メールアドレス:30sojig@city.kawasaki.jp
チラシ&申込書→http://www.city.kawasaki.jp/300/cmsfiles/contents/0000059/59427/dai5_6_higata_tirasi.pdf
締切:平成26年8月27日(水)(必着)
※応募者多数の場合は抽選とします。8月27日(木曜日)以降に、抽選結果及び当選者には詳細をご連絡いたします。
※参加者全員の氏名を記入してください。
※なお、当観察会は、川崎市制90周年記念イベント「身近な自然を再発見するエコツアー」のひとつです。
※当日は、主催者側で写真を撮影します。撮影した写真は、広報等で使用することがありますのでご了承ください。

問合せ:川崎市環境総合研究所事業推進課(電話:044‑276‑9001)

|

« 川崎市制90周年記念『中原区の「木」を募集します』 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/60102740

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度第5回、第6回『多摩川河口干潟の生きもの観察会』開催:

« 川崎市制90周年記念『中原区の「木」を募集します』 | トップページ | 目次 [ジモトモ!中原区] »