« 『川崎国際環境技術展2011』開催 | トップページ | 『第6回すくらむ21まつり』開催 »

2011年2月16日 (水)

懐かしい香りのするラーメン屋『ラーメン明星(アカボシ)』

デビルンのレポートです。

N110216a※武蔵小杉に移転しました
昨年9月にオープンした武蔵新城はってん会の中にある『ラーメン明星(アカボシ)』。ミョウジョウとずっと読むと思ってたよ。
お隣さんも先日オープンした「ぷちっく」という洋食やさんで、新しい店舗が並ぶ場所になったよな。
暖簾の感じも、看板の感じもすごく昔風。ラーメン博物館のような雰囲気をかもしだしている。
昼のオープンは11:30からなのだけど、今は暫定的に12:00からになっているとかで、12:00前に入ってみると、すんなり入れてくれた。

入ってすぐに券売機があり、そこで注文する。
昔風塩らぁめん、醤油らぁめん700円、今風こってり醤油らぁめん750円、こってり濃骨つけめん850円などがあり、どうも昔風がさっぱりで、今風がこってりのジャンル分けになってるようだ。
オイラはさっぱり気分だったので昔風塩らぁめんのボタンを押す。トッピングも色々あったけど、最初はまずノーマルで頼んでみる。
ランチはライスが無料らしい。

N110216bすぐに席に座り、カウンターに来た店員さんを見てびっくり、女性だ。
男の大将が一人で切り盛りしてるのだと思いきや、なんと女性の大将、いや女将さん?珍しいよね。たまたまなのか?

カウンターには「味のしんや」というポスターが張ってあり、ん?どこかで聞いた名前だな。と思ったら新丸子にある
居酒屋
の名前だ。よく見るとパンフレットが置いてあり、新丸子の「元祖ホルモン番長」ともども系列店のようだ。知らなかったよ。

一人で切り盛りされているので、基本セルフサービス。カウンターの上に冷えたお茶のポットとレンゲ、ティッシュなどが置かれていて、自分で必要なら取るというシステム。

すぐに昔風塩らぁめんが出来て、運ばれてきた。
おお、見た目もかなりあっさりに見える。スープの透明度も高い麺は細めの縮れ麺だった。
トッピングのり二枚メンマほうれん草ベーコンのように薄いチャーシュー
う~ん。トッピングを追加すればよかったとちょっと後悔。チャーシューはもう少しパンチが欲しい。
味付け玉子も入れ忘れた。たまに最初から付いてるときもあるからさ。

N110216cそれはさておき、麺が柔らかめと噂のラーメンだけど、うん、悪くない。そこまで柔らかすぎず、硬すぎずといった感じだ
何より、あっさり目と思われるスープがうまい。魚介と鶏がらを混ぜたスープのようだけど、胃に優しく入ってくる。最後まで綺麗にスープを飲むことができた。
ただ、惜しむらくはチャーシューのパンチのなさ。できればトッピング追加をすることをお奨めする。
今風のこってりがどのくらいのこってりなのか不明だけど、こっちも食べてみたいと思わせる店だったよ。

『ラーメン明星(アカボシ)』
川崎市中原区上新城2-6-14 志村ビル102
電話:044-797-6105
営業時間:11:30~16:00、17:30~23:00
※ただし2011年2月現在12:00~14:00、18:00~22:00で営業中
定休日:月曜日

|

« 『川崎国際環境技術展2011』開催 | トップページ | 『第6回すくらむ21まつり』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/50773894

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい香りのするラーメン屋『ラーメン明星(アカボシ)』:

« 『川崎国際環境技術展2011』開催 | トップページ | 『第6回すくらむ21まつり』開催 »