« 『中原区エコカフェ(「環境“楽習会”」)』開催 | トップページ | 『第37回川崎大師薪能』開催 »

2010年5月14日 (金)

家系ラーメン屋武蔵新城に登場『濃厚豚骨ラーメン こく丸』

セバスチャンのレポートです。

D002

先日武蔵新城の駅前を車で通りましたら、南武線沿線の高架下に新しいお店らしく、花輪が飾られている所を発見しました。よく見てみますと、『濃厚豚骨ラーメン こく丸』と書かれてあり、ラーメン屋さんのようでございました。
新しいラーメン屋と聞けば気になって、日を改めて行ってみることにいたしました。ハイ。

お店の前には食券の機械が置いてあり、先にそこで券を買うシステムになっております。

メニューは自慢の濃厚スープを使ったラーメン650円を筆頭に、味玉の乗った味玉ラーメン750円、ダブル味玉ラーメン850円、こく丸特製ラーメン950円があり、麺大盛りは+100円になります。
トッピングはチャーシューのタレに漬け込んで作っている半熟たまご100円とチャーシュー増量200円や海苔増し、野菜増し、白髪ネギ乗せ各+100円がありました。
サイドメニューでごはん半ライス100円、こく丸チャーハン600円、チャーシュー丼(小)200円、餃子(3個)180円などがありました。
私は味玉ラーメンを購入し、店の中に入りました。

D003 お店は長いカウンターのみのシンプルな作りで、BGMが懐かしいAMラジオ。昔はそういうお店が多かったのでございますです。
券をカウンターに置くと、お水を出してくださいました。
もし麺が柔らかめ、固め、スープが濃い目などの注文があれば券を出す時にお願いしてください。
お客さんは昼時を過ぎておりましたので、ぱらぱらといった感じでございます。
しばらく待つとカウンターごしにラーメンが出来上がり受け取りました。
見た目はシンプルな感じでございます。
チャーシューが二枚、海苔が三枚、ほうれん草、味付けたまごが半分に割られて乗せられていました。麺は割と太い麺で固めな感じです
スープは濃厚豚骨というより、塩味が濃い感じがいたしました。
でも麺には合っていると思います。
チャーシューも柔らかく煮込まれていますし、どれも及第点でございます。
スープも全部飲める位のこってりさ加減でございましたよ。

濃厚豚骨ラーメン こく丸
川崎市中原区上新城2-1-31           
電話:非公開
営業時間11:30~26:00※スープがなくなり次第終了

|

« 『中原区エコカフェ(「環境“楽習会”」)』開催 | トップページ | 『第37回川崎大師薪能』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/48357988

この記事へのトラックバック一覧です: 家系ラーメン屋武蔵新城に登場『濃厚豚骨ラーメン こく丸』:

« 『中原区エコカフェ(「環境“楽習会”」)』開催 | トップページ | 『第37回川崎大師薪能』開催 »