« 『川崎・縄文・1万年-大地に刻まれた生活と温暖化展』開催中 | トップページ | 2009年『親子で来て、見て、考える平和事業』開催 »

2009年9月 8日 (火)

シックな大人の焼肉屋『あだんの盛』

デビルンのレポートです。

A001

焼肉激戦区のなかはら村(中原区)にてこういう店は結構貴重なんじゃないかって思う焼肉屋が武蔵新城に登場した。鹿児島産黒毛和牛専門店の『あだんの盛』だ。
店はあいもーるの先、ゆうゆうロード抜けた先にある外観も焼肉屋とは思わないようなモダンな感じ
店内もおしゃれですっきりした感じだけど、思ってたよりも狭い。テーブル席が5つしかないので、あっという間に満席になってしまう。必ず入りたい時は予約が必須だ。
オイラが入った時も、テーブル一個しか空いてなくてすべり込みセーフという感じだった。

A002 その日のおすすめは入口の前や店内の黒板に書いてある。
常時あるメニューと値段が変わらないところを見ると、肉の質が特にいいということか?
生ビール500円とその日のおすすめからレバ刺し850円、キムチ380円、ヘルシーロース780円、ハラミ980円、シロホルモン580円、焼き野菜盛り合わせ500円を注文。肉類は上もあった。
肉は注文がはいってから切り分けている様子で中々出てこない。でもここが我慢のしどころ。待てないやつはすぐに出てくるものを注文してビールと一緒につまみながら待つべし。
オイラたちのとこはまずレバ刺しが出てきた。A003_2
塩と一緒に出てきて、塩をつけて食べるらしい。見た目もプルプルなんだけど、塩をちょっとつけて口に入れると、とろけるように解けていく
むちゃくちゃウマイ
肉類はかなり厚めに切られていて、新鮮なので焼き色を軽くつけて食べる。どれも肉の味が濃く、ウマイうますぎる。野菜盛りも結構な量が乗っていて驚いた。
肉の質を考えるとこの値段でいいんだろうか?と正直驚く。
毎回入ってこない希少部位の肉もあるようで、これも毎回行ってみてあるかどうかという楽しみなのかもしれない。
店主さんもとても穏やかないい感じだったぜ。
ガンガン行く焼肉って感じの店じゃないけど、本当のウマイ肉を安価に食えるといういい店が登場だ。

焼肉 あだんの盛
川崎市中原区新城2-3-9 広島ビル1F
電話:044-751-4144
営業時間:17:30~23:00
定休日:木曜日

焼肉 あだんの盛

|

« 『川崎・縄文・1万年-大地に刻まれた生活と温暖化展』開催中 | トップページ | 2009年『親子で来て、見て、考える平和事業』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/46162152

この記事へのトラックバック一覧です: シックな大人の焼肉屋『あだんの盛』:

« 『川崎・縄文・1万年-大地に刻まれた生活と温暖化展』開催中 | トップページ | 2009年『親子で来て、見て、考える平和事業』開催 »