« 『新中原市民館』が平成21年4月オープン!開館記念事業開催 | トップページ | 『ミニ・川崎フロンターレ展』開催 »

2009年4月 5日 (日)

『haritts(ハリッツ)』でふかふか至福のドーナツを食べる

ぷりんせすのレポートです。

001

小田急線代々木上原駅に所用があっておでかけした時、以前からずっと行きたいと思っていたカフェに立ち寄ることにいたしましたの。
そのお店は『haritts(ハリッツ)』さん。
とてもおいしいコーヒーと手作りのドーナツを販売されているそうで、一度食べた方は虜になってしまうとか
早速用事を済ませ出かけてみましたわ。

代々木上原の駅を出て高架沿いをのんびりと突き当たりまで行き、右折してちょっと坂を上っていく途中、本当に目立たない小道に入りすぐ左手にありました。
大きな看板は出ていませんが、和風の一軒家で、木の小さな看板に『haritts』と書かれていてわかりましたわ。

002 ガラガラと引き戸をあけると、台所のような雰囲気の部屋にショーケースと奥に厨房があり、お店というより古い雑貨屋さんというような佇まい。
それでもショーケースには素朴でシンプルなドーナツが何種類か並んでいましたわ。
平日11:30頃に行ってみたのですが、プレーン、クリームチーズ、抹茶、きなこ、スィート65、ビター85、アップルシナモンなどの種類のメニューが出ているものの、全部は揃っていない様子でした。
朝8:00オープンですもの、なくなるものもありますわよね。
とりあえずランチもまだな私でしたのでイートインの席に空席があるのを確認してから、ランチ用にサンドウィッチ420円とカフェオレ350円、クリームチーズのドーナツ231円をいただくことにしましたの。
お土産用に5つまで持ち帰ることができるので4つ購入しました。
とにかくお客様がひっきりなしで、みるみるうちにドーナツが売切れていくので本当に人気なのですわ。

イートイン用の席は別室に3つほど。すぐに一杯になってしまいそう。
和の雰囲気でこちらもとてもくつろげる雰囲気。壁にはドーナツのインテリアが飾られていたり、女性好みな雰囲気です。一人用にカウンター席もありました。
しばらくするとご近所のワンちゃん連れのお客様が店内に入ってこられました。常連の方のようで、カウンターで飼い主の方がドーナツを食べていらっしゃいましたが、こちらは店内もワンちゃんOKのようなので、もし苦手な方がいらっしゃいましたら、ご注意を。

003 さて、私のサンドウィッチとドーナツとカフェオレがイートインの席に運ばれました。
木のプレートの上に、二種類のサンドウィッチハートのラテアートが施されたたっぷりのカフェラテふわふわしたシンプルなドーナツが紙に包まれて置かれていました。
このカフェオレのおいしさもさることながら、泡の綺麗さにまた感動。
サンドウィッチはたっぷりの具とハムが挟まれ、パン自体もとてもおししくたっぷりとしていましたわ。
そしていよいよふかふかのドーナツを一口。もちもちした生地に、甘さがとても控えめで、中からクリームチーズがじわっと出てきます。ああ、本当に幸せですわ。
おいしいコーヒーを頂きながら、おいしいドーナツを大事に頂く。
その幸せが味わえて素敵な時間が過ごせましたの。

ドーナツを大事に作られているからこそ、大量生産できず、売り切れることもしばしばで、せっかくお店に来られても、残念ながら買えずに帰られる方も多いと聞きます。
そして毎回同じドーナツを必ず手に入れられる事もできないのですが、作り主の方のドーナツへの愛情がとても良くわかるお味だと思います。
おいしいドーナツとの「幸運な出会い」を味わいにまた出かけてみたいと思いましたわ。

haritts(ハリッツ)
東京都渋谷区上原1-34-2
電話:03-3466-0600
営業時間:平日8:00~19:00、土日11:00~18:00
定休日:月曜日、第1・第3日曜日

haritts

|

« 『新中原市民館』が平成21年4月オープン!開館記念事業開催 | トップページ | 『ミニ・川崎フロンターレ展』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/44574940

この記事へのトラックバック一覧です: 『haritts(ハリッツ)』でふかふか至福のドーナツを食べる:

« 『新中原市民館』が平成21年4月オープン!開館記念事業開催 | トップページ | 『ミニ・川崎フロンターレ展』開催 »