« 『川崎市民スケート教室』開催!! | トップページ | 2008年今年も『ゆず湯』の銭湯へ! »

2008年12月17日 (水)

『とんかつ かつ造』のさっくさくの独創的なとんかつを食べる

かんがーままのレポートです。

J002 武蔵新城駅から徒歩2分。バス通りの一本目を右折したところに何軒か飲食店が並んでいます。
向かいには川崎教会もあるのでわかりやすいと思うのですが、そこになんともモダンなとんかつ屋さんがあります。『とんかつ かつ造』さんというお店なのだけど、この辺りの雰囲気とはちょっと違う(笑)
ちょっとお洒落な和食やさんという感じ。気軽な感じで入れないような感じがしたんだけど、一度入ってみることにしました。

中はちょっと個室っぽくなってるテーブル席が2つある部屋とカウンターとテーブル席があります。カウンターの中はガラス張りのオープンキッチンになっていて、とんかつを揚げるいい音がしています。
外観と同じく、内装もとてもシックな雰囲気で黒っぽい木を貴重としたインテリアです。お洒落に取られた窓際の硝子窓から差し込む光が店内を明るく照らし、とてもいい雰囲気です。

ランチメニューは三種類。Aランチ800円税抜(野菜中心で一口カツがついてるヘルシーなランチ)、Bランチ900円税抜(豪華なサーモンフライと大きなチキンかつ(変更有))、Cランチ860円税抜(ロースと玉ネギの串かつとカキフライ付(変更有))でたっぷりキャベツとごはんとお味噌汁とお新香が付いてきます。もちろんごはんとキャベツはおかわりできます!
ほかには生姜焼き定食860円(税抜)。かつ丼850円(税抜)。スーパーソフトひれかつサンド、小ロースかつ定食800円(税抜)、一口ひれかつ定食860円(税抜)がありますよ。
ままは悩んだ末野菜中心のAランチを注文することにしました。

J003 「ご注文をいただいてから肉の下ごしらえ・粉・パン粉付けをして揚げています。ちょっと時間はかかりますが、本当にサクッ!ジュワッとしたとんかつをお召し上りいただきたいかつ造です。」と書かれているとおり、丁寧に揚げられたかつが食べられるそうで、運ばれてくるのがとても楽しみでした。

冷たい氷が入ったお茶を飲みながらしばし待つとお盆に載せられた独創的なランチが運ばれてきました。
なすのはさみ揚げが天高くキャベツの上に乗せられ、その下を彩るように一口カツにカボチャのカツが乗せられてました。
お味噌汁は蜆しじみがたっぷり入った濃い目のお味。お新香は二種類が乗せられています。それから手前には二つに分かれたひょうたんのような小皿があって、片方にもみじおろしの乗せられたポン酢が入っています。片方の空いている方にテーブル上にある辛口と甘口のソースをお好みで入れるようになっていました。
さて、ままはまず甘口ソースをたっぷりと入れ、うず高いなすのチーズはさみ揚げをソースにつけてパクリ。うま~い!さっくさくでアツアツ。チーズとさっぱりした秋なすが合っておいしい!そしてこちらも秋の味覚カボチャのフライ。ほくほく。
一口カツはやわからくてジューシー。味を変えてポン酢でも食べてみたけど、ポン酢のぴりっとしたあっさり感もまたぴったりでした。
キャベツにはテーブルの上にドレッシングが置いてあるのでそれをたっぷり。ごま風味がまたしゃっきりキャベツに良く合いました。
ごはんはやや柔らかめかな。
おかわりしようかと思ったものの、もうお腹一杯でできませんでした。
丁度食べ終わったタイミングで今度は熱いお茶のサービスが。心遣いがにくい!気持ちよく食事を済ませることができましたよ。
ランチ時には軽く一杯できるランチビール200円(税抜)があります。
夜は定食がカツのグラム数にもよりますが、1500円位までのお値段で食べられます。今の季節限定でカニクリームコロッケ定食もありますよ!
しそめんたいひれかつやキムチロースカツなど独創的メニューもあり、これは食してみなければ!と今度ぱぱやぼうやたちと来訪決定です。
お持ち帰りもあるので、それもいいかも!

とんかつ かつ造(KATSUZO)
川崎市中原区新城5丁目9-9-B日光コーポ
電話:044-797-5433
営業時間:
ランチ11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー17:30~22:30(ラストオーダー22:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し翌日火曜休業)

とんかつ かつ造(KATSUZO)

|

« 『川崎市民スケート教室』開催!! | トップページ | 2008年今年も『ゆず湯』の銭湯へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/43449821

この記事へのトラックバック一覧です: 『とんかつ かつ造』のさっくさくの独創的なとんかつを食べる:

« 『川崎市民スケート教室』開催!! | トップページ | 2008年今年も『ゆず湯』の銭湯へ! »