« 残り少ない夏休み!かわさきのイベント情報 | トップページ | 『交流の響き2008 in かわさき』開催とご招待のお知らせ »

2008年8月23日 (土)

新城に新しいラーメンの風?『つけそば まき野』

デビルンのレポートです。

B001 武蔵新城の南口を左側に曲がり、高架に沿って歩くとパン屋や文教堂がある。
その向かいのビルに5月にオープンした店『つけそば まき野』中華そばとつけそばが人気の店らしい。
うわさを聞いて早速行ってみた。

店は新しいだけあって、ちょっと和風の佇まい。木のカウンターに二人がけの椅子席が細長い店に縦に並んでいる。
この店の麺は郡山市内の業務用麺60%のシェアを誇る富多屋生麺直送の麺を使っているらしい。

B002 メニューはおおまかにつけそばと中華そばの二種類。スープが東京醤油とあごだし豚骨の二種類。そして、ノーマル、特製、味玉、チャーシューと乗っている物で値段が微妙に違う
つけそば700円。特製つけそば900円、味玉つけそば800円、チャーシューつけそば950円、中華そば650円、特製中華そば850円、味玉そば750円、チャーシュー麺900円と言う感じだった。
つけそばは並盛で1.5玉、大盛2玉100円増し、中華そばは大盛100円増しで、替え玉ではないようだ。
単品では餃子350円、ライス250円などがある。一品のつまみなどもあって、ビール片手にちょい飲みもできるようだ。

オイラはめずらしいあごだし豚骨をつけめんの味玉800円で注文した。
B003 しばらくするとお盆にのってきた麺は確かに量が大めだ。スープは純粋な豚骨とは違い、味噌のような色でさらっとしている。中華スープと混じっているような雰囲気だった。
麺は中太でこれまた細いうどんのようにさらっとしていてラーメンのような雰囲気ではなかった。夏にはのどごしが良さそうだ。
スープの具はなると、水菜、ねぎ、チャーシュー、味玉だ。
麺は絡まることなくするっとスープにつけることができるので食べやすい。
味は豚骨よりはあっさりしているし、魚介の味もして豚骨という感じは本当にしない。ちょっと甘めで酸味を感じる。でもそのまま飲むとかなり濃いので、スープのみ完食はムリだった。
チャーシューはやわらかくて厚みはあるけど、細めに切られていて食べやすい。
玉子は外側硬めのトロっとした半熟でうまかった。
何分スープの完食を目指しているオイラにはちょっと残念だったけど、なかなかウマイつけそばだった。今度東京醤油のつけそばを試してみたい。

つけそば まき野
川崎市中原区新城1-2-28
電話:044-799-7633
営業時間:11:30~15:00、17:00~25:00(日曜日は22:00まで)
定休日:火曜日

つけそば まき野

|

« 残り少ない夏休み!かわさきのイベント情報 | トップページ | 『交流の響き2008 in かわさき』開催とご招待のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/42247464

この記事へのトラックバック一覧です: 新城に新しいラーメンの風?『つけそば まき野』:

« 残り少ない夏休み!かわさきのイベント情報 | トップページ | 『交流の響き2008 in かわさき』開催とご招待のお知らせ »