« モダンな店内でうどんの定食を食う | トップページ | 7/20(日)~21(祝)に『なかはらっぱ祭り』開催! »

2008年7月16日 (水)

もちもち本場の水餃子を食べる

セバスチャンのレポートです。

A005 中国東北地方の自慢の餃子「ジァオズ」を食べられるということで、新丸子の本格水餃子専門店『瓦奉店(GA BOU TEN)』に行くことにしました。
自慢は水餃子で、中国に詳しい方ならご存知でしょうが、元々中国では餃子といえば水餃子のことであり、焼き餃子は全くの別メニュー。
こちらの餃子は満州地方の本格餃子がルーツなのだそうで、焼き餃子もいったんゆでたものを焼き上げていらっしゃいます。ハイ。


A006_2

お店はとても小さいのですぐにお客さんで一杯になってしまいます。
ランチのメニューは3種類焼き餃子定食600円と水餃子定食800円と揚げ餃子定食900円ととてもシンプルでございます。
せっかくですので、自慢の水餃子定食をいただくことにいたしました。
お盆に盛られてきたのはもちもちの水餃子7個とごはんと味噌汁、大根の漬物でした。
水餃子の皮はかなりもちもちとしていて、日本でよく食べる餃子とは全然違います。野菜の素材の味を生かすために、ニンニクは使用していないそうですが、ちゃんと餃子の味がしているのが不思議でした。A007
一口噛めばじゅわっと広がる具のうま味がたまりません。ハイ。
ペロっといただけました。
ビールのお供としては、水餃子は確かにパンチが少ないかもしれませんが、具材そのものの味や、皮の柔らかさがなんともいえない優しい味で、おいしかったです。
一度ゆでた焼きの餃子や揚げ餃子、単品で食べられるスープ餃子もぜひ食べてみたいと思いました。
餃子弁当600円や水餃子(ゆでたもののみ)、焼き餃子(生・焼)は1個70円から テイクアウトもできるそうでございます。

本格水餃子専門店『瓦奉店(GA BOU TEN)』
川崎市中原区新丸子町691-1鈴八ビル1階
電話:044-711-8948
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:月曜日・祝日

本格水餃子専門店『瓦奉店(GA BOU TEN)』

|

« モダンな店内でうどんの定食を食う | トップページ | 7/20(日)~21(祝)に『なかはらっぱ祭り』開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/41852239

この記事へのトラックバック一覧です: もちもち本場の水餃子を食べる:

« モダンな店内でうどんの定食を食う | トップページ | 7/20(日)~21(祝)に『なかはらっぱ祭り』開催! »