« 2008年夏のバーゲン開催情報! | トップページ | 『マタニティ&ファミリーコンサート』開催 »

2008年6月28日 (土)

昭和30年創業老舗の和菓子屋さんの新しい和菓子を食べる

セバスチャンのレポートです。

B001 ※閉店しました!
ブレーメン通りから一筋中側に入るため少し静かな通りに面している老舗の店構えがいかにも美味しそうな様子の和菓子屋さんがあります。ハイ。
長年こちらで和菓子屋を営んでいらっしゃる『御菓子司 三吉野』さん。
お団子は何度も練り直しするほどの手間の入れようだそうで、とにかくこの辺りのジモトの方に大変愛されているお店でございます。ハイ。
さっそくこのお店の和菓子を食べてみたいと伺うことにしました。

お店はこじんまりとしていて、正面がショーウィンドウ、横に乾き物の和菓子が並べられています。お店の中は数人のお客様で一杯でございました。
ショーウィンドウの中にはおいしそうなお団子やお饅頭が並んでいて、選ぶ方も迷う位で、注文を決めて来ている何人もの常連のお客様に順番を譲るほど。
生菓子は大変上品な様子でしたし、お団子は練り直しして仕上げているというのがわかるほどつやつやとして歯ごたえもありそうです。

そんな中、目に付いたのが「カフェオレ大福」なる新しい様子の和菓子。豆大福と並んでいるのですが、外観は大福のような雰囲気です。
これは一度食べてみたいと思いました。
そして、かわさき縁の岡本太郎さんの「TAROの夢」
以前川崎市多摩区に「岡本太郎美術館」がオープンしたのをきっかけに、
川崎市菓子協議会が市内加盟店で販売を始めたお菓子で、岡本太郎の絵文字「夢」をテーマに掲げ、「TAROの夢」という商品名で各店がそれぞれオリジナルなお菓子を作っておられます。
B002 中原区でも色々なお店で売られているので、一度どこかで購入してみたいとは思っていたのですが、ちょうどこのお店にもありましたので一緒に購入してみました。

店員さんにその2つを購入したい旨をお伝えいたしますと、「カフェオレ大福の食べ方はご存知ですか?」と聞かれました。方法を聞いてみますと
冷凍してある「カフェオレ大福」を、食べる30分前に取り出し、溶けかけを食べるのが最高に美味しいのだとのこと。了解しましたと急いで帰宅。
丁度食べ頃でしたので、慌ててお茶を入れて食べることにいたしました。

口に近づけますとコーヒーの香りがほのかにいたします。
餅はやわらかく、そして口当たりが冷たく心地いいです。そして口の中にいれますと、あんと中に入っているバニラ風味のクリームが溶け出してなんともいえない美味しさでございます。この季節にぴったりの冷たい和菓子です。
さらに、「TAROの夢」はオーソドックスな固めの皮に黄味がかった餡が入っていまして、こちらの方は和菓子のイメージを裏切らない商品でございました。
どちらもとてもおいしかったので、ぜひまた購入してみたいと思います。ハイ。

御菓子司 三吉野
川崎市中原区木月1丁目24-5
電話:044-411-5725
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

御菓子司 三吉野

|

« 2008年夏のバーゲン開催情報! | トップページ | 『マタニティ&ファミリーコンサート』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/41655340

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和30年創業老舗の和菓子屋さんの新しい和菓子を食べる:

« 2008年夏のバーゲン開催情報! | トップページ | 『マタニティ&ファミリーコンサート』開催 »