« 『2月6日は銭湯へ行こう!川崎おふろの日』開催 | トップページ | 第5回大山街道フェスタ開催 »

2008年2月 5日 (火)

本格的な洋食のプレートランチを食べられるお店

ぷりんせすのレポートです。

C001 武蔵新城駅の北口を出て、はってん会の商店街の左手にある『Chez Canterbury(シェ・カンタベリー)』さん。日本の洋食屋さんではなく、欧米風の洋食屋さんですわ。
それもそのはず、オーナーシェフはホテルオークラを経て、欧州で長い間修行をされていたそうで、ぜひ一度食べてみたいと思っておりましたの。
先日時間が空いたので一人で出かけてみました。

テーブル席が4つほどの小さなお店なのですが、お店の中は欧州やニュージーランドの香りで一杯。そしてテーブルも一杯でした。

ランチメニューはふわふわ卵のオムレツセット787円、オムライスセット945円、 和風オムライスセット945円、ハンバーグセット1050円、カンタベリープレート1260円、ポークと豆のシチュー1050円などがありました。どれもカップスープやプチサラダ、 プチデザートが付いていますの。

C002 私はスペシャルランチのカンタベリープレートを注文。
メインと鎌倉ハム、サラダにスパニッシュオムレツがワンプレートにのっているようで、それにパン、カップスープ、デザート、ドリンク付きというとってもお得なメニューでしたわ。
まず、カップスープが運ばれてきました。とても温かく、この季節はとても嬉しいメニューですわね。ペイザン田舎風スープと書かれていました。
少しすると大きなプレートに盛られたお料理が来ました。この日のメインはサーモンで、ホワイトソースがライスにもかけられ、本当においしそう。
サラダもたっぷり乗っています。
一口食べて、ああこれはとても丁寧に作られている洋食ランチだとわかりました。ソースも手間隙かかっているものでしたし、プレートに乗っているものもバランスがよく、ボリュームもあるので、お腹一杯になりますし。
C003 食事が終わるとドリンクとその日のプチデザートが出てきますの。
この日はミックスフルーツゼリーヨーグルトソースかけでさっぱりとしたデザートでした。そしてコーヒーとちょっとしたお菓子が小さなプレートに載って運ばれましたわ。
窓から柔らかな光が差し込む中、食事の後のティーブレイクをのんびりと楽しめました。
夜はシェフのお任せメニューが3150円で楽しめるそうで、他にもパスタやパエリア、や各種お肉のステーキや煮物も用意。おいしいワインもあるそうですわ。
シェフ自らニュージーランドのワイナリーでニュージーのワインのおいしさを実感され、お客様に提供したいとのことでニュージーランドのワインも揃っているそうですの。
ぜひリーズナブルなお値段でおいしいお料理を味わいたいと思われましたら行ってみてくださいね。

Chez Canterbury(シェ・カンタベリー)
川崎市中原区上新城2-6-9-101
電話:044-755-8664
営業時間:
ランチ11:30~14:30
ディナー17:30~22:00
定休日:月曜日(祭日の場合営業、火曜日休業)

Chez Canterbury(シェ・カンタベリー)

|

« 『2月6日は銭湯へ行こう!川崎おふろの日』開催 | トップページ | 第5回大山街道フェスタ開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/40001467

この記事へのトラックバック一覧です: 本格的な洋食のプレートランチを食べられるお店:

« 『2月6日は銭湯へ行こう!川崎おふろの日』開催 | トップページ | 第5回大山街道フェスタ開催 »