« 創業70余年!かわさき銘菓にも選ばれた豆大福を食べる | トップページ | 川崎発『ストップ温暖化展』開催 »

2008年2月11日 (月)

ほっこりのんびり街の田舎?でお湯を楽しむ

ぷりんせすのレポートです。

B001_2 ここ最近、年末やお正月が過ぎて、日常生活のお疲れモードの皆さまはよくご家庭のお風呂から外の温泉施設に行かれたりされていませんでしょうか?私も最近は肩こりがひどくてカチコチになっていましたので、のんびりとお湯につかりたいと思いましたの。
ジモトなかはら村近くにたくさんの入浴施設がありますが、私は少し足を伸ばしてさいわい村にある矢向の『縄文天然温泉 志楽の湯』におじゃましてみることにいたしました。
こちらの土地は昔は縄文の森で、田んぼを経て工場が建てられたのですが、工場が撤退の憂き目にあい、原点の縄文時代に戻すことにされたのだそうです。
地下深くに眠っていた太古からの化石海水の湯が湧き出し、日本中を巡り九州・黒川温泉で目指す温泉のモデルを見つけ、後藤哲也氏の指導のもと「都会に古里を」をモットーの素朴ですてきな温泉を作られたのですわ。

とにかく街中に突然現れる山中の山小屋のような施設で、まるで田舎に湯治に来たかのような錯覚を起こさせます。
建物の中もとにかく自然を大事にしていて、古い木や自然の岩を使われていてとても落ち着きますの。
お湯はナトリウム塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・温泉) で、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、痔疾、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚炎、虚弱児童、慢性婦人病に効くとされています。
お風呂は岩や木をダイナミックに使った「露天風呂」をはじめ、実際に味噌づくりに使われた「味噌樽風呂」、広々とした「蔵石風呂」、黒川温泉新明館の赤石を使用した「勾玉湯」海底洞窟蒸し風呂 (ミストサウナ) があります。男性の方はドライサウナがあるようですわ。
塩分の高いお湯で顔についたお湯が少ししょっぱくもありますが、そのおかげで発汗作用も高く、芯から温まります
何よりも街中とは思えない別な世界のようで、気分をリセットできます。

B002 お風呂が終わった後は、ゆったりとくつろげる畳の和室スペースと、読書なども楽しめる椅子のスペースもあり、その横には体に良い素材しか使わない、体の中からきれいになるマクロビオティックメニューが食べられるカフェやドリンクコーナーがあります。
ここで思わず、季節のソフトクリームがいちごと聞き、ミックスソフトクリーム250円をいただきましたわ。自然素材のいちごの色のソフトとバニラのソフトがほてった体にひんやりとしてとてもおいしかったですわ。
健康ドリンクやマクロビオテックの毒素を出すスープやプレートランチなどもおいしそうで、人気でした。

その他からだをほぐしてくれる『縄文げん氣処』では女性専用のエステメニューも充実しています。痩身、経路ホットオイルコース、フェイシャルと好評なようですわ。
さらに毎月第2、第4木曜日11:00~、「縄文げん氣市」が行われお野菜や健康食材が販売されます売り切れ必至ですのでお早めにどうぞ。

他にもヨーガ教室ウォーキングらくらく体操教室志楽ビーナスメニュー ボディ&フェイシャルエステ食事や整体と入浴が組み合わされてとてもお得な「縄文ビーナスセット」(一人4350円)という女性のグループにおすすめの平日満喫プランなどもありますの。
これはのんびりとこちらの施設を堪能できるのでおすすめかもしれませんわ。

今回はお腹が一杯で食べられませんでしたが、併設のそばレストラン『志楽亭』のお蕎麦もとてもおいしいようですので、次回はぜひ食べてみたいと思います。

縄文天然温泉 志楽の湯
川崎市幸区塚越4-314-1
電話(フリーダイヤル):0120-650-711
電話:044-533-8888
営業時間:10:00~24:00
(8月を除く毎月第3水曜日は18:00~24:00)
※浴場、脱衣室は23:45まで
そばレストラン「志楽亭」11:00~23:00
(ラストオーダーお食事22:00、お飲み物22:30)
整体リラクゼーション室「縄文げん氣処」11:00~23:00(最終受付22:00まで)
定休日:
入館料:(フェイスタオル・バスタオル付)
・大人(中学生以上) 平日970円、土・日・祭日1150円
・子供(小学生) 平日620円、土・日・祭日800円
※回数券有
レンタル用品:  
・館内着200円(大人サイズのみ)
・追加バスタオル1枚・150円 追加フェイスタオル1枚・100円
駐車場:100台(正面50台、北側第2駐車場50台)

【宿泊休憩】
川崎生涯研修センターにて可能
休憩料金:個室1室2時間1000円、4時間2000円(土・日のみのご利用)
※休憩は当日空室がある場合のみ。事前の予約はできません。
宿泊料金:お一人様(税込)
・素泊:4000円入湯券なし(志楽の湯ご入館後に申込みの場合)
・一泊:5500円入湯フリーパス付(食事は別途料金)
チェックイン:14:00~/チェックアウト:11:00
問い合わせ:
志楽の湯フロント電話044-533-8888
川崎生涯研修センターフロント電話044-541-2451

縄文天然温泉 志楽の湯

|

« 創業70余年!かわさき銘菓にも選ばれた豆大福を食べる | トップページ | 川崎発『ストップ温暖化展』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/40089431

この記事へのトラックバック一覧です: ほっこりのんびり街の田舎?でお湯を楽しむ:

« 創業70余年!かわさき銘菓にも選ばれた豆大福を食べる | トップページ | 川崎発『ストップ温暖化展』開催 »