« 川崎市を舞台にした映画『九転十起の男3~グッドバイ』が劇場公開されています | トップページ | ジモトモご紹介の10円饅頭やさん »

2007年11月20日 (火)

居酒屋おれんちの隣はうまいホルモン焼き屋

デビルンのレポートです。

R001 以前紹介した『居酒屋 おれんち』。その隣に『ホルモン焼肉 おれんち』がある事をその時ちらっと書いたと思うんだけど、今回その『ホルモン焼肉 おれんち』に飲み会の後、ちらっと寄ってみることにした。

『居酒屋 おれんち』と中では繋がってるんだけど、一応『ホルモン焼肉 おれんち』の入口は別。中もこざっぱりしたモダンな感じで、テーブルが三つとこじんまりしている。
ちゃんとテーブル毎に排気口もあって、焼肉屋という雰囲気だ。
奥のカウンターでおちついた店主が対応してくれる。
肉は芝浦から直接仕入れているので、かなり新鮮のようで、期待できそうだ。

R002 牛ホルモン(650円~1200円)、豚ホルモン(450円~700円)、鶏ホルモン(500円~650円)に刺身(550円~700円)、アラカルトでとん足450円、野菜七輪焼き600円、テールスープ850円などがある。ホルモンの各種盛り合わせも常備だ。
オイラたちは牛ホルモンの盛り合わせ1500円と黒板メニューのオヤジカルビと特選カルビの盛り合わせ1200円を注文した。
黒板メニューは時価のものが多いけど、かなりウマイものが出されるようだ。
この日も単品で特選カルビは時価で1600円だったけど、オヤジカルビと盛り合わせで1200円で出してくれた。
牛ホルモンは5種類の肉がのっている。ハラミとカルビもあった。

R003 キャベツがざっくり切られて、コチュジャンが乗せられている突き出しが出てきた。
その後七輪が運ばれてきて、網に肉を載せる。牛ホルモンも生臭さがなく、ウマイ
カルビはオヤジカルビと同じく、タレのかかったものだったけど、ハラミは塩コショウが掛けられていてそのままでもいける。
でも何といってもやはりうまかったのは特選カルビ。これは文句なしにうまかった。サシも綺麗に入っていて、さらにトロのような色。あまり焼かずともよくやわらかくてウマイ。これだけ食いに行ってもいい位だと思った。
肉などが乗せられてる和食器も粋でいい感じだったぜ。
飲み物はエビスビール生600円、サワー類は400円から。焼酎と日本酒もあった。
狭い店ながら、中々いい店だった。また行きたい。

ホルモン焼肉 おれんち
川崎市中原区今井南町534
電話:044-744-4811
営業時間:17:30~23:00(ラストオーダー)
定休日:火曜日

おれんち

|

« 川崎市を舞台にした映画『九転十起の男3~グッドバイ』が劇場公開されています | トップページ | ジモトモご紹介の10円饅頭やさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/17100117

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋おれんちの隣はうまいホルモン焼き屋:

« 川崎市を舞台にした映画『九転十起の男3~グッドバイ』が劇場公開されています | トップページ | ジモトモご紹介の10円饅頭やさん »