« 落ち着いた店でウマイそばを食う | トップページ | 第30回記念『かわさき市民祭り』開催 »

2007年10月30日 (火)

川崎市アートセンターがいよいよ10/31(水)にオープン!!

セバスチャンのレポートです。

A007 川崎は音楽や、アートに造詣の深い町だと思います。ハイ。
川崎駅にはMUZAかわさきシンフォニーホールがあり、さまざまな音楽に触れることができます。
そして今回いよいよオープンする『川崎市アートセンター』「しんゆり・芸術のまち」の芸術活動の拠点として、川崎の町を代表する施設になることでしょう。

『川崎市アートセンター』のできる新百合ヶ丘は多くの芸術家や文化関係者が移り住むとともに、日本映画学校や昭和音楽芸術学院があり、「芸術を創り、育て、楽しむ」というイメージ通りの場所といえます。ハイ。
小さいながらも観やすい195席の舞台「アルテリオ小劇場」と113席の画期的な機能を備えた「アルテリオ映像館」、市民と芸術家がアートを介し交流できることを目的にしたコラボレーションスペースなどができ、光溢れるガラス張りのエントランスが素敵な建物でございます。
11/15(木)からオープニングイベント第一弾として様々な事が行われるそうでございますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
11/1(木)~3日(土・祝) は内覧会が行われ、施設内をご自由に見学できるそうですよ。

【川崎市アートセンター概要&オープニングイベント一覧】
名称:川崎市アートセンター
住所:川崎市麻生区万福寺180-1(平成19年12月に住居表示が変更になります。)
電話:044-955-0107(平日11:00−18:00) 
Fax:044-959-2200
構造:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、3階建
敷地面積:2,138m2
延べ床面積:1910.16m2
施設内容:劇場195席(最大214席)、楽屋、映像ホール(客席113席)、映像編集室、 録音室、工房、研修室ほか
開設:平成19年(2007年)10月31日

交通:小田急線「新百合ヶ丘駅」北口下車徒歩3分
小田急線新宿駅、本厚木駅より急行で27分
小田急線新宿駅より快速急行で23分

※お車でのご来場はご遠慮ください。

<1階>
・楽屋(3部屋にパーティションで区切ることができます)
・工房(舞台装置、イベント美術や小道具制作他ワークショップなどに使える多目的スペース)

<2階>
・メインエントランス
(チケットカウンター、授乳室、故・今村昌平氏のカンヌ国際映画祭で受賞したパルム・ドールのトロフィー
展示コーナー)
・アルテリオ小劇場
舞台間口 11.45m
舞台部分の天井までの高さ 8.5m
舞台奥行 6.370m(固定舞台部分)~11.670m(固定舞台+可動舞台)
客席数:195席(最大214席 車椅子席2席を含む)
・アルテリオ映像館
(113席、35mm映写設備、4K高画質の上映設備、オールミックススタジオ機能、バリアフリー上映・ガイド制作の専用設備
など)

<3階>
・コラボレーションスペース
・映像編集室(ノンリニア映像編集システム(3組設置、うち1組はワゴン卓形式))
・録音室(デジタルミキシングシステム完備、防音仕様の収音室と調整室)
・研修室(小規模の研修や打合せ(定員6名)、控室や作業スペースとしても利用可)

(今後のイベントスケジュール)
○施設内覧会
日時:11/1日(木)~3日(土・祝) 10:00~17:00(自由内覧)
各日11:00と15:00の2回、スタッフ案内による見学ツアー実施。
(約20分間)

『アルテリオ映像館』
・アートセンターオープニング特別企画 
日時:11月15日(木)~12月16日(日)
KAWASAKIしんゆり映画祭プレゼンツ!
33作品一挙上映
予定ゲスト
ジャ・ジャンクー監督、チャオ・タオ(女優・予定)、ファン・ビョングク監督、河瀬直美監督、 田中好子(女優)、 古厩智之監督、佐藤忠男(映画評論家)、萩生田宏治監督、緒方明(映画監督)、
細野辰興(映画監督)、岡安肇(編集)、 松本隆司(録音技師)、向井康介(脚本家) ほか

☆今村昌平監督&世界をみつめる監督たち
「11'09''01/セプテンバー11」
上映日:11/15(木)佐藤忠男、19(月)、21(水)佐藤忠男、24(土)ゲスト予定
「人間蒸発」(監督:今村昌平)
上映日:11/29(木)、12/2(日)細野辰興、5(水)
「神々の深き欲望」(監督:今村昌平)
上映日:11/24(土)、26(月)、12/2(日)
「楢山節考」(監督:今村昌平)
上映日:11/22(木)、23(祝)ゲスト予定、26(月)
「黒い雨」(監督:今村昌平)
上映日:11/15(木)佐藤忠男、17(土)田中好子、22(木)
「うなぎ―完全版―」(監督:今村昌平)
上映日:11/24(土)ゲスト予定、27(火)、29(木)
「しあわせ」(監督:クロード・ルルーシュ)
上映日:11/21(水)、23(祝)、26(月)
「ブラックボード-背負う人-」(監督:サミラ・マフマルバフ)
上映日:11/21(水)佐藤忠男、23(祝)、25(日)
「モンスーン・ウェディング」(監督:ミラ・ナイール)
上映日:11/16(金)、17(土)、19(月)
「ノー・マンズ・ランド」(監督:ダニス・タノヴィッチ)
上映日:11/24(土)、25(日)、27(火)
「麦の穂をゆらす風」(監督:ケン・ローチ)
上映日:11/15(木)、18(日)、19(月)

☆映画評論家 佐藤忠男が選ぶアジアの秀作
「青の稲妻」(監督:ジャ・ジャンク―)
上映日:11/16(金)ジャ・ジャンクー監督、 チャオ・タオ(予定)、佐藤忠男、18(日)、20(火)
「世界」(監督:ジャ・ジャンク―)
上映日: 11/16(金)ジャ・ジャンクー監督、 チャオ・タオ(予定)、佐藤忠男、18(日)、20(火)
「パラダイス・ナウ」(監督:ハニ・アブ・アサド)
上映日:12/7(金)、12(水)、14(金)、16(日)佐藤忠男
「ウェディング・キャンペーン」(監督:ファン・ビョングク)
上映日:12/7(金)佐藤忠男、12(水)、16(日)ファン・ビョングク監督、佐藤忠男

☆注目!あの監督の いま・むかし!
「萌の朱雀」(監督:河瀬直美)
上映日:12/4(火)、8(土)河瀬直美監督
「殯の森(もがりのもり)」(監督:河瀬直美)
上映日:12/4(火)、5(水)、6(木)、7(金)、8(土)河瀬直美監督
「まぶだち」(監督:古厩智之)
上映日:12/1(土)古厩智之監督、4(火)
「さよならみどりちゃん」(監督:古厩智之)
上映日:12/1(土)古厩智之監督、3(月)、4(火)
「BORDER LINE」(監督:李 相日)
上映日:12/8(土)、11(火)
「フラガール」(監督:李 相日)
上映日:12/8(土)、11(火)、13(木)、15(土)
「ばかのハコ船」(監督:山下敦弘)
上映日:12/14(金)、15(土)向井康介、緒方明
「天然コケッコー」(監督:山下敦弘)
上映日: 12/12(水)、13(木)、14(金)、15(土)向井康介、緒方明

☆懐かしのしんゆり名画座
「東京物語」(監督:小津安二郎)
上映日:11/16(金)、17(土) 緒方明、20(火)
「二十四の瞳 デジタルリマスター版」(監督:木下恵介)
上映日: 11/29(木)、30(金)、12/1(土)松本隆司、3(月)
「道」(監督:フェデリコ・フェリーニ)
上映日:11/20(火)、21(水)佐藤忠男、22(木)、23(祝)
「アパートの鍵貸します」(監督:ビリー・ワイルダー)
上映日:12/5(水)、6(木)、7(金)佐藤忠男、9(日)

☆わくわくドキドキ!!新作セレクション
「街のあかり」(監督:アキ・カウリスマキ)
上映日: 11/25(日)、27(火) 緒方明、30(金)、12/1(土)、2(日)、3(月)
「夕凪の街 桜の国」(監督:佐々部清)
上映日:11/25(日)ゲスト予定、26(月)、27(火)、29(木)、30(金)
「神童」(監督:萩生田宏治)
上映日:11/30(金)、12/2(日)萩生田宏治監督、3(月)、5(水)、6(木)、9(日)
「クィーン」(監督:スティーブン・フリアーズ)
上映日:12/9(日)、11(火)、12(水)、13(木)、14(金)、16(日)

☆だれでも@シネマ(イヤホーンガイド・字幕付のバリアフリー上映)
「ニュー・シネマ・パラダイス」(監督:ジュゼッペ・トルナトーレ)
上映日:11/18(日)、19(月)、22(木)
「鉄道員(ぽっぽや)」(監督:降旗康男)
上映日:12/6(木)、9(日)、13(木)

※上記作品のほか、神童 クィーンうなぎ-完全版-夕凪の街 桜の国をイヤホーンガイド付き、神童 うなぎ-完全版-夕凪の街 桜の国を日本語字幕付きで上映します。

●アルテリオ映像館チケット予約・購入方法
1.窓口での購入
川崎市アートセンター2Fチケットカウンター(11月1日(木)より)
オープニング特別企画11月15日(木)~12月16日(日)のチケット
前売・当日券のカウンターでの購入
11月1日(木)~11月14日(水)
9:00~19:30
11月15日(木)~12月16日(日)
9:00~最終回上映開始時間まで

※席は自由席です。混雑が予想される場合は、整理券を発行します。

2.チケットぴあ
チケットぴあ(前売)
オープニング特別企画11月15日(木)~12月16日(日)のチケット
【販売期間】
10月15日(月)~11月12日(月)
【購入方法】
1. チケットぴあの店舗で直接購入
2. ファミリーマート店内の機械で直接購入
3. サンクス、サークルKのカウンターで直接購入
4. 電子チケットぴあで電話予約 0570-02-9999
(音声認識予約のため「川崎市アートセンター」と言ってください。10:00~23:30/オペレータ対応は18:00まで)
※購入の際には、Pコードが必要です。
Pコード 553-312 川崎市アートセンター

★オープニング特別企画チケット料金
前売:一般1000円
当日:一般1200円
前売・当日:シニア・大学生・高校生、障がい者とその介助者1名、会員 1000円
前売・当日:中学生以下 800円
※アルテリオシネマ会員(仮称)は、11月1日より募集を開始します。

3.だれでも@シネマ
目が不自由な方のための副音声ガイド付上映予約

【予約受付】
10月22日(月)~12月7日(金)の平日13:00~17:00
※予約申込は、上映日の7日前まで。

【予約方法】
1. 電話予約
11月14日(水)まで。044-953-7652
KAWASAKIしんゆり映画祭「だれでも@シネマ」係
11月15日(木)~12月7日(金)044-959-2255
川崎市アートセンター
2. インターネット予約
しんゆり映画祭「だれでも@シネマ」
URL:http://www.siff.jp/daredemo/
【代金支払い・チケットお渡し】
チケット代金支払いと、チケット引渡しは、上映日当日、川崎市アートセンター2F受付カウンターにて。


『アルテリオ小劇場』
☆京楽座コンサートドラマ『ピアノのはなし』
11月15日(木)-18日(日)

☆若州人形座『越前竹人形』
11月22日(木)- 23日(金・祝)

☆人形劇団ひとみ座 人形劇『大どろぼうホッツェンプロッツ』
11月24日(土)

南インドの糸あやつり人形芝居  ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ
11月25日(日)

東への道(サイレント映画「活弁&生演奏&トーク付」)
12月8日(土)

番場の忠太郎 瞼の母(サイレント映画「活弁&生演奏&トーク付」)
12月9日(日)

●アルテリオ小劇場チケット予約・購入方法
1.窓口での購入
川崎市アートセンター2Fチケットカウンター
(11月1日(木)より 9:00~19:30)
新百合トウェンティワンホール事務所(9:00~17:00)
(アートセンターオープン後も、引続き販売します)
川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合21地下2階  
公式HP→http://shinyuri21hall.jp

2.電話予約
オペレーターに直接つながります。チケットの郵送サービス(有料)もございます。

チケット専用ダイヤル
Tel.044-959-2255
(平日11:00−18:00)

【チケット引取方法】
・窓口
10月31日(水)まで→新百合トウェンティワンホール事務所。
11月1日(木)より→川崎市アートセンター2Fチケットカウンター。
・ 郵送
1週間以内にチケット料金と郵送料80円を合わせて指定口座に振込み。
自宅にチケッ郵送。
・全国のセブン-イレブン店舗
手数料:158円/1件+発券手数料:105円/1枚

3.インターネット予約
https://www.e-get.jp/kawasaki/pt/
「カード決済」か「現金払い」か選べ、さらに座席指定可。
(24時間対応)。要会員登録(無料)。

【チケット引取方法】
・窓口
10月31日(水)まで→新百合トウェンティワンホール事務所。
11月1日(木)より→川崎市アートセンター2Fチケットカウンター。
・全国のセブン-イレブン店舗
手数料:158円/1件、発券手数料:105円/1枚
※「現金払い」を選択された場合、店頭でクレジットカードを使用不可。

尚、車椅子スペースをご希望の方は、直接川崎市アートセンターTel.044-955-0107 (平日11:00−18:00)にお問合せください。

『ワークショップ』
●糸あやつり人形ワークショップ
「インドの人形を触って動かしてみよう!」
日時:11月25日(日)
場所:川崎市アートセンター コラボレーションスペース
時間:公演終了後、約1時間
定員:20名
対象:小学校高学年以上~大人
参加費:一人 500円
※参加希望の方は、1.お名前、2.電話番号、3.参加人数、4.年齢を明記の上、Fax(044-952-1350)、またはE-mail(ws@kawasaki-ac.jp)で申込。
定員になり次第、締め切り(先着順)

川崎市アートセンター

|

« 落ち着いた店でウマイそばを食う | トップページ | 第30回記念『かわさき市民祭り』開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/16921650

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市アートセンターがいよいよ10/31(水)にオープン!! :

« 落ち着いた店でウマイそばを食う | トップページ | 第30回記念『かわさき市民祭り』開催 »