« 大人のお魚ダイニング『海らく』 | トップページ | 川崎市を舞台にした映画が公開されるのを知っていらっしゃいましたか? »

2007年5月 5日 (土)

その名の通り『おれんち』な居酒屋

デビルンのレポートです。

C001_17 都内で飲んでいて、小杉に戻ってきたものの、飲み足りないので、ぶらぶら歩いていたら、発見したのが『居酒屋 おれんち』
前に何度か店の前を通ったことがあるものの、一度も暖簾をくぐったことのない店だ。
魚を出す店で禁煙のプレートが貼ってあるのも好感が持てる。

C002_14 だるまの絵のような暖簾をくぐると、カウンターに座敷がぎゅうぎゅうになっていた。活気があっていい感じだ。
よく見ると隣の店とつながっているようだった。
後で知ったことだが、隣は七輪焼きの焼肉店で同じ経営だそうだ。魚も肉も楽しめる居酒屋とは、頼もしい。
座敷席に案内され、見渡してみると、カウンターの奥の大将がちゃんとこちらも見渡せるようになっていて、これまた○。店が広いと、座敷はほったらかしって店が多いからな。
それぞれが自由に飲んでいるんだが、なんだか空気がくつろいでいて、それぞれが楽しそうに見える。ここがおれんちって感じなとこなのか。C003_9

メニューも多彩。刺身から寿司、揚げ物焼き物。
酒の肴もたっぷりある。旬のものもちゃんとある。
こういうところは居酒屋でも大事なポイントだと思う。
めしは食っていたので、初物!鮎の姿焼き550円を頼んでみた。炭火で焼き上げるらしい。酒の種類も多い。
突き出しは切干大根なんかが出てきて、家庭的。店は大将と息子さん、おかみさんでやっているようだ。家族経営で息もぴったりなんだな。
酒と鮎の相性もばっちり、二軒目では惜しい店だ。今度は隣の七輪焼きにもじっくりゆっくりと来てみたい。

居酒屋 おれんち
川崎市中原区今井南町534
電話:044-744-4811
営業時間:17:30~23:00(ラストオーダー)
定休日:日曜・祝日・極度の二日酔いの時

おれんち

|

« 大人のお魚ダイニング『海らく』 | トップページ | 川崎市を舞台にした映画が公開されるのを知っていらっしゃいましたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/14965714

この記事へのトラックバック一覧です: その名の通り『おれんち』な居酒屋:

« 大人のお魚ダイニング『海らく』 | トップページ | 川崎市を舞台にした映画が公開されるのを知っていらっしゃいましたか? »